研究奨励金交付制度

募集要項

松前国際友好財団の目的は、「人種、性別、宗教、思想を問わず、優れた学術的資質を備えた外国人研究者に対し、わが国での研究活動の機会を与え、もってわが国の学術の発展に寄与するとともに国際友好親善に貢献すること」であります。この目的達成のため、「我が国において、大学等研究機関で研究活動に従事する外国人研究者に対する研究奨励金の交付事業」を1980年より行なっております。

2019年度の応募の受け付けを開始いたしました。応募の受け付け締め切りは、2018年8月31日です。

 

研究奨励金給付の対象者:
外国国籍を有し、来日経験のない、博士課程を修了した49 歳以下の優れた資質を備えた者、など。
日本における研究機関:
国内のあらゆる大学の研究室、国立研究所、さらには各企業の研究所など。
支給される研究奨励金:
研究滞在費、旅行者保険、旅費(招聘者の母国〜東京間の往復国際線航空券)、来日一時金。
招聘期間:
各年度4月より3月迄の期間内の、3ヶ月間〜6ヶ月間。
招聘予定者数:
各年度約20名

 

詳細は、PDFファイル「募集要項」をご覧ください。