最新情報

4月19日に在日本国ブルキナファソ共和国大使館のBenjamin NANA一等書記官及び来日中の同国ワガ第II大学Stanislas OUARO総長ご一行計3名が来団され、本財団内田裕久理事長と多岐にわたり意見交換を実施しました。本財団はブルキナファソ共和国からは未だ奨学者受け入れ実績はなく、積極的に願書を提出してほしいとのメッセージを送りました。