最新情報

4月24日に駐日チリ共和国特命全権大使のGustavo AYARES閣下および同国大使館Catalina BARCELO二等書記官が来団され、本財団橋本敏明理事長および片山恵一常務理事と種々意見交換を行いました。本財団は1987年以降8名のチリ人奨学者を招聘した実績がありますが、ラテンアメリカ諸国からの出願者は年々減少しており、憂慮しております。今後もAYARES大使にはこの点に関し相談したいとの当方依頼に対し、同大使から快諾を得られました。