最新情報

12月29日、本財団にて12月末帰国奨学者1名への修了証書授与式が行われました。当日は日本での研究を終えたカザフスタンからのI’bataev Jarqyn A’bikeuly博士に対し、橋本理事長より修了証書および記念のメダルが直接手渡されました。授与式終了後、理事長主催による送別および年忘れの夕食会が西荻窪の名店「汐彩」にて催され、I’bataev Jarqyn A’bikeuly博士に加え、都内および近郊で越年するチリ、ナイジェリアおよびアルジェリアからの奨学者3名が加わり、今後も奨学者間のネットワーク強化、本財団との関係発展を確認しました。

本財団奨学者審査委員会の厳正なる審査、選考の結果、以下の受付番号の外国研究者23名が2018年度研究奨励金受給対象者に決定しましたので発表いたします。おめでとうございました。

6808

6819

6826

6829

6837

6840

6842

6846

6848

6856

6859

6875

6884

6887

6889

6890

6893

6894

6913

6926

6931

6932

6933

11月29日、本財団にて11月末帰国奨学者4名への修了証書授与式が行われました。当日は日本での研究を終えたカメルーン、タイ、ロシア、レソトからの奨学者4名に対し、橋本理事長より修了証書および記念のメダルが直接手渡されました。授与式終了後は粗餐が供され、4名は今後も奨学者間のネットワーク強化、本財団との関係発展を確認しました。

2019年度研究奨励金制度の応募受付を開始いたしました。

詳細は「研究奨励金交付制度」の「募集要項」のページをご覧ください。

10月30日、本財団にて10月末帰国奨学者2名への修了証書贈呈式が行われました。当日は日本での研究を終えたインド、タイからの奨学者2名に対し、橋本理事長より修了証書および記念のメダルが直接手渡されました。贈呈式終了後は粗餐が供され、2名は今後も奨学者間のネットワーク強化、本財団との関係発展を確認しました。